読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

律夏の社会派ブログ

日本人はどうあるべきか?

24時間チャリティー論争

こんにちはー。
2○時間テレビのこと言おうと思ってたのに
完全にシーズン過ぎちゃいました。。
今更感あるけど。


2○時間テレビお好きですか?
私はねーやっぱ嫌いですね。
ごめんなさいね、もし好きな人。いましたら

番組の内容を表面的に言うと、
弱者には手を差し伸べ、愛を持って苦しみを分け合い、楽しみを共有し合う‥‥てな感じかなー。
こりゃ何ともうつくしいですね。

ですが、この裏に隠されたモノは、そんな
にうつくしいもんじゃないのです。
その真実を知った上で、観るならみる、観ないならみないで良いのです。。


真実を知って欲しい
パーソナリティのギャラの額が、スゴイんです。
チャリティーランナー→1000万
メインパーソナリティ→5000万(グループ内折半)
パーソナリティ →500〜1000万
横にいるアナウンサー達→500万
上記はおおよそです。

そもそもチャリティー番組でのギャラ発生は日本だけ
海外どこを見ても、チャリティーです募金お願いします!と言いながら自分達は金もらってるー。なんて所はありません。そんなの叩かれます。

2○時間テレビは、意外と視聴率も好調なんですねー。
局自体も、スポンサーも潤っちゃう♪だから止めるわけないやろ!by日○レ

放送日近づいてきたら黄色いTシャツを着出す
ホワッ⁈
日○レの文化祭か⁈

さぁどうぞ泣いて下さい!障害者と芸能人が泳いで踊って感動だよ!

仮に24時間同じ番組を放映し続ける、というだけだったら、何も文句がないのだけど、
問題はチャリティーというスタンスです。
チャリティーで、皆さん募金お願いしますってんなら、ギャラはもらうべきじゃないだろうと。テレビ局にはもう染み付いた形式が出来上がってしまっています。
チャリティーという名のパフォーマンス番組です。
テレビ局は儲けたい一心ですから、きれいごとで構成し固めるのはとっても上手です。

Eテレのチャリティー番組に於ける障害者出演の問題提起 同意。